根管治療

  • TOP » 
  • 根管治療

重度の虫歯でも抜かない治療

六本木交差点すぐの歯医者「六本木駅前歯科」では、生まれもった歯を大切に考え、できるだけ歯を残す治療を行っています。そこで重度の虫歯に対して、いきなり抜歯するのではなく、歯の根っこを残す「根管治療(こんかんちりょう)」を行うようにしています。

根管治療とは、歯の根にある「根管」という細い管の中をきれいにして、薬剤を詰める治療です。当院ではマイクロスコープを使用した、精密な根管治療を目指しています。他院で「抜歯するしかない」といわれた方、あきらめて抜いてしまわず、まずは一度当院へご相談ください。

根管治療の重要性

根管治療の重要性

歯の根っこの治療である「根管治療」は、歯の治療にとって基礎となる重要な治療です。なぜかというと、歯の根っこは建築物にたとえると基礎の部分に相当し、歯を支えているとても重要な部分だからです。

基礎が不十分な家は少しの揺れや衝撃で倒壊の恐れがあるように、根っこがしっかりしていない歯は、いくらセラミックなどの高価なかぶせ物で覆っても、十分な機能回復が期待でいません。根の周囲が炎症したり、根の先に膿が溜まってきたりなど、再治療をしなければならないこともあるのです。

根管治療がきちんと行われないと、最終的に抜歯するしかないことも。せっかく治療しても抜歯にいたるようでは残念ですね。だからこそ感染した部分をきちんと治し、さらには治療した患部が再度病気にならないような精密で丁寧な根管治療が必要になるのです。

このように根管治療は見た目には目立ちませんが、歯の寿命も左右するような大切な治療です。生まれもった歯を生涯にわたって使い続けるためにも、技術力が高く経験豊富で、衛生管理の徹底した歯科医院での治療をおすすめします。

当院の根管治療

当院の根管治療

歯の根っこにある根管はとても細く、複雑なかたちをしています。この細い管の内部を治療するのですから、肉眼だけでは不十分。患部を拡大して、しっかり確認し、精密にとり扱う必要があるのです。

六本木駅前歯科では「マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)」を使用して患部を最大25倍に拡大して映しだし、根管治療を行っています。これにより、歯根内部の病巣をすみずみまで除去することを目指し、一方で、健康な部位までとり除いてしまうことを防いでいます。

マイクロスコープの有用性は世界的にも認められ、歯科先進国のアメリカでは、根管治療の専門医にマイクロスコープの導入が義務づけられているほど。ところが日本では普及が進んでおらず、歯科医院のわずか2%ほどしか導入されていません。

当院ではマイクロスコープを利用して、細くて暗い根管の奥まで目で確認しながら、治療を進めています。通常の治療の際にはルーペ(歯科用拡大鏡)を使用することも多いのですが、根管治療においては根管の細かいひびや小さな空洞まで確認できるマイクロスコープが必須なのです。

>>根管治療に関する症例はこちら

お電話でのお問い合わせはこちらTEL:03-5414-8041(平日:10:30~19:30、土曜日10:00~18:00)

お電話ののつながらない時にはweb予約をどうぞお問い合わせ・Web診療予約はこちら