審美歯科・ホワイトニング

  • TOP » 
  • 審美歯科・ホワイトニング

輝く白い歯をとり戻したい

笑顔の中に輝く白い歯は、とても魅力的ですね。しかし、お口を大きく開けると銀歯が目立ったり、歯が黄ばんでいたりすると、せっかくの笑顔の魅力が半減してしまいます。見た目にも機能にもこだわりたい方、審美歯科治療を受けてみませんか?

六本木交差点すぐの歯医者「六本木駅前歯科」では、見た目に美しく、身体にもやさしい審美歯科治療を行っています。自費治療になりますが、銀歯をセラミックの歯に替えることで、天然の歯と同じような見た目と質感、透明感の歯を再現することが可能です。

また当院では歯の黄ばみや着色汚れをきれいにするホワイトニング治療も行っています。歯の美しさにこだわりたい方、当院の審美歯科・ホワイトニングへご相談ください。

セラミック治療について

セラミック治療について

保険診療の虫歯治療では、歯を削ったあと銀の詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)などで補います。保険適用なので安く治療できますが、お口を開けたときに、白い歯列の中に銀歯が目立ってしまい、見た目によくありません。

そこで審美歯科治療では、おもに白いセラミック素材を使って治療を行います。自費のため費用は高くなりますが、天然の歯と比べても区別できないような自然な見た目を再現することが可能です。

陶器素材のセラミックは、自然の歯に近い透明感が特徴です。まわりの歯の色に合わせて、色調を揃えることも可能。またセラミックなので金属アレルギーを引き起こす心配もありません。耐久性にすぐれ変色にも強いので、長期間使用することができます。

PICK UP!歯の治療で金属アレルギーになる?

ネックレスやイヤリングなどのアクセサリーで皮膚がかぶれた経験はありませんか? 歯の治療の際にパラジウム合金などの金属を用いることで、金属アレルギーを引き起こす場合があるのです。

歯の治療後に、原因不明のかゆみやかぶれが起こった場合、歯の治療で用いた金属が原因なのかもしれません。セラミック素材を用いた治療であれば、金属アレルギーの心配がなく安心です。

取り扱い素材

こちらでは六本木駅前歯科で扱うセラミック製の技工物についてご紹介します。当院では患者様のご希望やご予算などに合わせて、最適な審美素材のご提案を行っています。様々な素材をご用意していますので、お気軽にお問い合わせください。

オールセラミッククラウン(ジルコニアクラウン)

オールセラミッククラウン

金属は使わず、すべてセラミックでできている被せ物(クラウン)です。透明感があり、天然の歯に近い色合いや見た目を再現できます。変色や金属アレルギーの心配もありません。少しくらいの歯並びの乱れであれば、オールセラミックによって整えることも可能です。

ジルコニアが内側に入って丈夫なジルコニアクラウンがあります。

メタルボンド

メタルボンド

内側は金属(セラミック焼付用貴金属)で、外から見える部分にセラミックを貼りつけた被せ物です。外側がセラミックなので見た目は美しく、内部が金属のため耐久性にすぐれているという特徴があります。

セラミックインレー

セラミックインレー

虫歯の治療後に詰めるセラミック製の詰め物(インレー)です。保険診療の銀の詰め物の代わりに使うことで、自分の歯と同じ色調で補修できるので、目立たず自然な仕上がりとなります。金属アレルギーのリスクはありません。

ラミネートベニア

ラミネートベニア

薄い付け爪のようなセラミック製のシェルです。前歯の表面を薄く削ってから、ラミネートベニアを貼りつけることで、白く美しい前歯に早変わりします。黄ばんだ前歯を白くしたり、軽度のすきっ歯を治したりするのに効果的です。

症例紹介

セラミック治療
セラミック治療 矢印 セラミック治療 矢印 セラミック治療
セラミックの色合いを白くしたいということで治療を始めました。 歯ぐきのラインを揃えるため歯肉の処置を行いました。 仮歯を装着し、歯の形を決めました。歯ぐきのラインが揃って、きれいに並んでいます。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

ラミネートベニア
ラミネートベニア 矢印 ラミネートベニア
歯の色を白くしたいというご希望です。歯の内部から起こっている変色のため、ホワイトニングでは対応できません。 上下の前歯12本をラミネートベニアで治療しました。変色した歯を覆って自然な白い歯に仕上げることができ、患者様に喜んでいただきました。
当院には歯科技工士が常駐しています

修復物を製作する際には、きちんと歯型を採取して作製しています。とはいえ、実際に患者様のお口にセットしてみると、微調整になるケースもあるのです。六本木駅前歯科には歯科技工士が常駐していますので、その場で細かい修正を加えることが可能です。

患者様のお口にぴったり合った修復物に仕上げることができますので、「装着すると違和感がある」「噛み合わせがおかしい」など気になる点がありましたら、遠慮せずご相談ください。

ホワイトニング

ホワイトニング

歯は加齢によって黄ばんできたり、コーヒーや紅茶、赤ワインなどの飲食物、タバコのヤニなどによって着色したりします。予防歯科で行う歯のクリーニング(PMTC)によって、ステインなどの着色汚れはある程度とれますが、内部まで沈着した色素を除去することはできません。

そこで歯を白くしたい人におすすめなのがホワイトニング治療です。ホワイトニングとは歯の漂白のことで、自費の治療となります。ブラッシングや歯のクリーニングでは落としきれない歯の着色汚れを、専用の漂白剤を使って白くしていきます。

ホワイトニングのメリットは歯を削らず、比較的手軽に漂白できる点です。また好みの明度に合わせて、色の調整が可能です。その一方で永久に白くなるわけではなく、色戻りが発生する点がデメリット。また人工の歯に対してホワイトニングを行うことはできません。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには大きく分けて、「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」があります。当院では、患者様のご要望に合わせて最適な方法をご提案しています。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニング治療です。高濃度の漂白剤を歯の表面に塗布してから、効果を高めるためにライトを照射します。比較的短期間で白くすることができますが、その反面、色の後戻りがしやすいというデメリットがあります。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

歯科医院で作製したマウスピースを使って、ご自宅で行うホワイトニング治療です。オフィスホワイトニングよりも低濃度の薬剤を用いて、時間をかけて白くしていきます。じっくり時間をかける分、白さは長持ちします。

ホワイトニングができないケースとは?

ホワイトニングをご希望される患者様のお口の中を診ると、虫歯や歯周病が見つかる場合があります。虫歯や歯周病、あるいは歯に亀裂がある場合には、その治療を行ってからホワイトニング治療を行います。

なお、ホワイトニングは薬剤を使う治療なので、次のような方には施術できません。

  • 無カタラーゼ症の方。薬剤が体内に入るとその成分を分解できないのでできません。
  • 呼吸疾患がある方や妊娠中の方。薬剤が体内に入ると危険な場合があるためできません。

さらに次のような方は医師による確認が必要です。施術前にご相談ください。

  • 知覚過敏の方。薬剤によって知覚過敏がひどくなる可能性があります。
  • 授乳中の方。オフィスホワイトニングを希望される場合には医師へご確認ください。
症例紹介
症例紹介 矢印 症例紹介
ホワイトニング施術前 ホワイトニング施術後

お電話でのお問い合わせはこちらTEL:03-5414-8041(平日:10:30~19:30、土曜日10:00~18:00)

お電話ののつながらない時にはweb予約をどうぞお問い合わせ・Web診療予約はこちら