インプラント・入れ歯・ブリッジ

  • TOP » 
  • インプラント・入れ歯・ブリッジ

いつまでもしっかり噛みたい

いつまでもしっかり噛みたい

虫歯や歯周病、お口のケガなどによって歯を失ってしまった場合、そのままにしておくとしっかり噛むことができません。そこで、六本木交差点すぐの歯医者「六本木駅前歯科」で行っている、噛む機能を補うためインプラントや入れ歯、ブリッジ治療をご説明します。

当院では患者様にそれぞれの治療法のメリット・デメリットをしっかりお伝えして、患者様に最適な治療をお選びいただけるようにしています。よく噛めない入れ歯・義歯、歯を失ってその後の治療にお悩みの方お気軽にご相談ください。

抜けたままの歯はそのままにしてはいけません

「1本くらい歯が抜けていても、別の歯で噛むから問題ない」「奥歯だから目立たないし……」など、抜けた歯をそのままにしておくことは禁物です。1本でも歯を失ってしまい放置しておくと、お口の中はもちろん、全身の健康にまで悪影響を及ぼすこともあるのです。

快適で健康的な生活を送るためにも、できるだけ早く治療して、歯の見た目だけでなく噛む機能の回復を目指しましょう。

虫歯や歯周病のリスクが高まる 抜けた歯を放置しておくと、噛み合っている歯が伸びてきたり、抜けた歯の両隣の歯が傾いてきたりします。これによって歯並び全体の乱れにつながってしまうのです。歯並びの乱れからブラッシングしづらくなり、虫歯や歯周病にかかるリスクが高まってしまいます。
顔かたちが変化してしまう 抜けた歯をそのままにしておくと、抜けた所で咀嚼(そしゃく)がしっかりできず、反対側で噛む片咀嚼になり、顔かたちの輪郭に影響することもあります。たくさんの歯を失うと頬がこけたり口元にしわがよったりします。
顎関節や身体の不調につながる 噛み合わせは顎関節と関係しているため顎関節症を引き起こすことがあります。
インプラント・入れ歯・ブリッジとは

失った歯を補うための治療法として、インプラントや入れ歯(義歯)、ブリッジによる治療があります。入れ歯やブリッジは保険の範囲で行える方法もあり、比較的短期間の治療で終了します。ただし、隣り合う歯を支えにしたり、削ったりする必要があるため、健康な歯に負担をかけることもあります。インプラントは近年では一般的になってきており、見た目や機能がすぐれていることからインプラント治療を選ばれる患者さんも増えてきています。

一方インプラント歯周炎の問題も最近ではクローズアップされるようになり、否定的な意見もあります。インプラントに限らずどのような治療法でも、歯を失ってしまった原因を解決することなしに治療をすれば、長持ちはしないのです。私たちは、きちんとした診断をもとに治療し管理していけば長期に経過するとの臨床実感があり、ブリッジや義歯による長期経過症例も多くあります。

どの治療法もそれぞれにメリット・デメリットがあるので、どれが患者様にとって最適な治療かということは、その患者様ごとに変わります。

ブリッジ
ブリッジ
入れ歯・義歯
入れ歯・義歯
インプラント
インプラント

1本~数本の歯を失った場合、両脇の健康な歯を削って支えにし、橋をかけるように歯がない所を補うような一体化した被せ物を装着する治療です。

保険診療と自費診療からお選びいただけます。

失った歯や歯肉の部分を補う補綴物た入れ歯を装着する治療です。すべての歯を補う総入れ歯と、1本~複数の歯を補う部分入れ歯があります。

保険診療の入れ歯のほか、より快適な自費診療の入れ歯もあります。バネを使ったものやバネのない見た目のよい入れ歯もあります。またしっかりとした設計にすればよく噛める義歯もできます。

歯を失った部分の顎の骨にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に被せ物を装着する治療です。自費診療になります。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

インプラント・入れ歯・ブリッジのメリット・デメリット

治療法 ブリッジ 入れ歯 インプラント
メリット
  • 違和感が少ない
  • 治療期間が早い
  • セラミック製の素材を使用した自費のブリッジであれば見た目を良くすることもできる
  • 両隣の歯を削らないですむことがある
  • 治療期間が早い
  • 保険適用の義歯であれば 安価ですむ
  • しっかり噛める
  • 違和感がない
  • 周囲の歯を削ったり負担をかけることがない
  • 見た目が自然で美しくすることもできる
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
デメリット
  • ブリッジの支台となる歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に問題が出たら使えなくなる(再治療)
  • バネ(クラスプ)で見た目が良くないことがある
  • 違和感が残ることある
  • しっかり噛むことができないことがある
  • バネをかけた歯に負担をかける(虫歯、歯周病)
  • 外科手術が必要になる
  • 自筆量なので治療費が高い
  • 全身疾患がある場合は顎の骨が 極度に少ない場合などは受けら れないことがある
  • ※自費治療の義歯ではしっかり噛めて見た目がよいものもある
  • ※顎の骨の状態によっては治療期間がかかることがある
  • ※表は左右にスクロールして確認することができます。


    >>そのほか補綴治療について詳しくはこちら

    歯をたくさん失った場合(多数歯欠損歯列症例)

    歯をたくさん失った場合

    虫歯や歯周病でたくさんの歯を失っている場合、上記のようなメリット・デメリットだけで処置方針は決められません。歯を失って来た原因、その後どうなっていくのかの予測(予後予測)、年齢や治療費などを考慮していく必要があります。 もちろん患者さんの要望をお聞きしながら治療方針は決定しますが、一生物ではないので再治療が必要になることもあるのです。(治療後10年経過すれば十分機能したと言われています)

    症例紹介

    当院では、保険診療・自費診療にかかわらず、患者様の症状とご希望に沿った、患者様にとってよりよい治療をご提案させていただいております。治療法についてはカウンセリング時にご説明していますので、ご自分で納得できる治療をお選びください。

    治療開始前に、それぞれの治療法についてわかりやすく丁寧にご説明します。わからない点やご不安な点がありましたら、どんなことでもご相談ください。

    奥歯1本のインプラント治療
    奥歯1本のインプラント治療 矢印 奥歯1本のインプラント治療 矢印 奥歯1本のインプラント治療
    奥歯を1本失ってしまい、噛みにくいということでした。たとえ噛みづらさを感じていなくても、放置しておくと、その奥の歯が倒れてきたり上顎が伸びてきたりすることも。抜けた歯を放置しておくと、噛み合わせや奥歯のブラッシングに問題が生じてしまいます。 ITIインプラントを1回法で埋入しました。インプラントの直径は4.1mm、長さは12mmです。部分麻酔で、手術時間は約20分。通常の治療と同じ麻酔を使用し、完全滅菌した器具を用いて安全に行いました。 約2ヶ月後に被せ物(クラウン)を装着。ブリッジや入れ歯を使用しなくても、しっかり噛めるようになりました。

    ※表は左右にスクロールして確認することができます。

    お電話でのお問い合わせはこちらTEL:03-5414-8041(平日:10:30~19:30、土曜日10:00~18:00)

    お電話ののつながらない時にはweb予約をどうぞお問い合わせ・ネット予約はこちら